魚とお酢の相性は抜群です

魚料理を食べる時に、お酢をかけて食べるという人は多いのではないでしょうか。 特に「二杯酢」と呼ばれる、お酢と醤油を混ぜた合わせ酢を、焼き魚にかける人は多いと思います。 中でも旬の焼きサンマに二杯酢をかけると、とても美味しくなります。 それではなぜ、旬の焼きサンマにお酢を含む二杯酢をかけると美味しくなるのでしょうか。旬のサンマは脂がのっていてジューシーです。 適度な脂分は旨みになりますが、脂っこさが強すぎると食べにくくなります。 お酢には脂の粒子を細かくする働きがあり、旬のサンマの脂っこさを抑える事ができるのです。 サンマの美味しさは残しつつ、脂っこさだけ消してくれるので食べやすくなります。 またお酢にはカルシウムの吸収を良くする働きがあります。 サンマや魚料理に含まれるカルシウムが無駄なく体内に吸収されるため、魚料理とお酢の相性は栄養面から見ても抜群という事になります。 何かと相性が良い魚とお酢は、セットで食べる事をおすすめします。